--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.07/23(Wed)

「楽に儲かりそうだから」と思って始めたビジネスは必ず失敗する! 

             ★起業の現状・その意外な事実 → 「起業した」のに「続かない」理由・その3 

     1.「会社ごっこ」「社長という肩書きに憧れただけ」ということに気づいて止める
     2.自分が騙されたコトに気づいて、恥ずかしくなって密かに止める

    3.期待した通りには「楽に儲かる」ことが不可能と判って自分から放り投げてしまう
     4.「こんな筈じゃなかったのに・・・・」と失望して自分から放り投げてしまう
     5.「自分の将来が限定された」ことに気づいて意欲が消えてしまう
     6.他のビジネスが「楽に儲かりそう」に思えて、そのビジネスに商売替えをする
     7.「サラリーマンが一番楽だ」ということに気づいて続ける意欲が消えてしまう
     8.「そもそも起業しなければよかった」と後悔して、「鬱」になってしまう
     9.「自分の負債が増えること」が怖くなってしまう
     10.自分が本当に求めているコトに気づいて、人生をやり直したくなってしまう



「起業した」のに「続かない」理由、「続けられない」理由の中で、最も多いのが、「儲からないから」というものです。

しかし、「起業したのに続かない当人」の、この言葉は、実はあまり正確な表現ではありません。


もちろん、どのようなビジネスでも「儲けようとする」のは正しいことです。

しかし、「儲かると思ったから」というのは、まだ<他人の評価を意識した表面的な言葉>です。

正確に表現すれば、その人は「楽に儲かると思ったから」始めたのです。

ビジネスが、当初、期待した通りには「楽に儲かるビジネスではなかったから」放り投げて止めてしまった、と言うべきことなのです。


極めて当たり前のことですが、<儲かると思って始めたビジネス>が儲からなければ、「止めてしまう」のは当然です。

せっかく起業しても1年も続けられないで止めてしまう人は、そもそも「自分に相応しくないビジネスで起業した」こと自体が本当の失敗要因なのです。

自分に相応しいビジネスではないから「楽に儲からない」ということだけで放り投げてしまうのです。

自分にとって最適なビジネスで起業した人は「儲からなくても続ける」ものなのです。
自分にとって最適なビジネスであれば、「儲かるようになるまで続けよう!」ということが、無理なく自然に思えるのです。

有名な「成功するコツは成功するまで続けることだ」という言葉を知らない人はいないと思います。

しかし、この言葉には
「自分に最適なビジネスで起業すれば、成功するまで諦めずに続けられる勇気や智恵が湧いてくる」という大前提が有るのです。

ところが「楽に儲かるビジネス」ばかりを探している人は、このことにはいつまで経っても気づかないのです。


      → 「起業した」のに「続かない」理由・その4  へ続く 


*****************************************************************************
    ★自分のミスでいままでの「応援クリック」が消えてしまいました。
      2008/08/16から再度<FC2ランキング>登録し直しました。
      ここをクリックして戴けると励みになります。→

    ★興味の有る方は<岐阜大学・起業準備講座web版>へもどうぞ!
       (当Blog管理人・小久保達が担当講師です)
*****************************************************************************

スポンサーサイト

テーマ : SOHO・在宅ワーク - ジャンル : ビジネス

タグ : 金儲け ビジネス 失敗要因

【編集】 |  22:34 |   「起業した」のに「続かない」理由  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。