FC2ブログ
2007.08/08(Wed)

起業心理学の目的と研究対象 

起業心理学の目的は<起業の成功要因<起業の失敗要因を解明し、起業する人が増えること、起業で失敗する人を減少させるところにあります。

そのために、起業心理学は「起業したいと思っている人」の<心の動き>と<特徴的な行動>を研究の対象にしています。

起業心理学が対象とする<心の動き>とは、動機、願望、構想、妄想、迷い、不安、懐疑、悩み、疑問、希望、夢、目標、反省、反発、自負、自信、抱負など変化のプロセスです。

起業心理学が対象とする<特徴的な行動>とは、「起業して成功した人」と「起業したが成功できなかった人」を分けることになる行動の相違点です。

起業心理学に取り組むのは、心理学の専門家ではなく、<起業の体験者>です。起業の成功体験や失敗体験を持っている人たちです。


スポンサーサイト



テーマ : 起業心理学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 起業心理学 成功要因 失敗要因

【編集】 |  07:23 |    起業心理学の<目的>  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |