FC2ブログ
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.06/09(Mon)

「お金を稼ぐ=雇われること」と考えてしまうのがサラリーマン                                      「お金を稼ぐ=お客を獲得する」と考えるのが起業家 

<サラリーマン根性>と<起業家精神>の違いは「仕事観」にも端的に表れています。

「自分はこれからどのような仕事をするか?」ということを考えたとき、
「どこかの会社に就職する」とか「誰かに雇われる」ということを前提として、仕事の種類を考えるのがサラリーマンです。

つまり「仕事とは給料を貰えること」「それには指示されたことをすることだ」と考えているのですが、それが<サラリーマン根性>なのです。


これに対して起業家は「自分でお金を稼ぐ」とか「自分の才覚でビジネスをする」ということを前提として、「自分は何がやりたいのか?」「自分は何が好きなのか?何が得意なのか?」「どんなことならやっていけるか?」を考えるのです。

つまり「仕事とはお客の要求することをしてその報酬を貰うこと」「そのためにもお客が求めるレベルでなければならない」と考えているのですが、それが<起業家精神>なのです。


その違いを生んでいるのが、その人の「仕事観」なのです。


スポンサーサイト

テーマ : 起業・独立への道 - ジャンル : ビジネス

タグ : サラリーマン 職業観 仕事観

【編集】 |  19:53 |    起業家とサラリーマンの違い  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。