--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.06/03(Tue)

<依存>から<自立>へ 

サラリーマンは会社に依存しています。
会社から貰う給料をアテにしているからです。
A社を辞めてもB社に転職するのは「会社という仕組みに依存している」からです。

「社長」という肩書きであっても、サラリーマン社長であればやはり会社に依存しています。


これに対して、起業家の本質の一つは自立です。
自立心とは「自分で考える」ことから芽生えてきます。

だから<会社の考え>よりも<自分の考え>を重視したくなってきた時に、その会社からの離脱を考え始めます。

しかし、A社を離脱しても、B社に転職するだけなら、それは自立ではありません。

自立心とは他者への依存心を断ち切るところから生じてきます。

人間は生まれてきた時は100%親に依存しなければ生きていけません。

子供が徐々に親からの依存を乗り越えて、自立への道を歩み出す原点は「自由への憧れ」です。

「自分で考えた自由な人生」への強烈な憧れが、自分の中に根強く残っている依存心を乗り越えようとするのです。

サラリーマンから起業家への脱皮の第一歩は、
「自分のやりたい仕事を、自分の納得いく方法でやっていきたい」という欲求が芽生えた時から始まります。

逆に言えば、「自分のやりたい仕事」や「自分の納得いく仕事の仕方」が明確にならない限り、起業家精神が芽生えることはないのです。

「自分のやりたい仕事」や「自分の納得いく仕事の仕方」が明確になっていないのに、「起業したい」と考えるのは、会社からの自立ではなく、サラリーマンからの脱落でしかないのです。

<脱サラ>とは、本来は「サラリーマン生活からの脱却」という意味ですが、現実には「サラリーマンからの脱落」のほうが多いのです。

カテゴリー*『起業家精神vsサラリーマン根性』



スポンサーサイト

テーマ : 起業心理学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

【編集】 |  22:25 |  『起業家精神vsサラリーマン根性』  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。