FC2ブログ
2008.01/05(Sat)

起業心理学の<研究対象>・ その2・他の心理学との「比較対照」                            → 他の心理学と比較対照し、関連性や類似性を参考に起業心理学を体系化していく 

起業心理学は、新しいカテゴリーであるために、便宜上、すでに確立されている他の心理学と比較対照することで、それらとの類似性、相似性を参考にして、起業心理学としての独自の領域を明確にていくことも、研究の対象にしています。

たとえば、現時点では、下記のような心理学と比較対照していきます。

<経営心理学>との比較対照
起業家は経営者でもありますが、経営者の全てが必ずしも起業家とは限りません。
起業家と企業家の違いを明確にしたうえで、「経営心理学」との類似点と相違点をきっかけにして「起業心理学」を明確にすることも研究対照にしています。

<結婚心理学>との比較対照
結婚と起業は、「出会い」「恋愛」「始める」「続ける」「成長する」「家庭経営と会社経営」という考え方が起業と共通することがきわめて多いのです。そこで、「起業の成功要因・失敗要因」を「結婚の成功要因・失敗要因」と対比して、わかりやすく体系化していくことも研究対象にします。

<社会心理学>との比較対照
起業家が社会に与える心理的な影響、社会が「起業家の創出の増減」に与える影響、
社会が「成功した起業家」「失敗した起業家」に対する評価の変化などを研究対象にします。

<犯罪心理学>との比較対照
「起業」には現実問題として「詐欺」「経済犯罪」の可能性を含んでいることが少なくありません。そこで「残念ながら失敗してしまう起業」と「最初から仕組まれた詐欺としての起業」を区別するためのチェックポイントを、犯罪心理学を参考にしながら、明らかにしていくことも起業心理学の研究対象です。

<サラリーマン心理学>との比較対照
起業家の大部分は会社組織からの独立です。そこで、「起業家精神」と言われている心理を、「サラリーマン根性」と言われている心理と比較対照することで、改めて、起業家精神を体系化していくことも、起業心理学の研究対象です。

スポンサーサイト



テーマ : 起業心理学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

【編集】 |  09:46 |    起業心理学の<研究対象>  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |