--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.09/12(Fri)

<自分の足下>とは、「いま自分が働いている業界」のコトです! 

                          ★起業の成功要因・その原点2  → <自分の足下>を深く掘り続ける

起業の成否を分ける最初の原点は〈動機〉です。

起業の目的は<人生の充実>であり、
<金儲け>は「自分の人生を充実させる仕事で起業した結果にしか過ぎない」のです。

では、その「自分の人生を充実させる仕事」とは、どこに有るのでしょうか?
どうやって探せばいいのでしょうか?


<動機>の次に、起業の成否を分けるのは、起業したいビジネスの<探し方>です。

それは「これから有望なビジネスを求めて遠くの方をアチコチ探し回る」ことではなく、
「自分の足下をじっくり見つめる」ことなのです。

<自分の足下>とは、自分がいま働いている業界のことです。
自分が社会人になってから現在まで経験してきた仕事であり、蓄積してきた職務上の知識や技能のことなのです。

****************
長年、飲食業で働いてきた人が飲食業で起業するから成功するのです。

飲食業の経験の無い人でも資金さえ有れば「開業する」ところまでは簡単にできますが、未経験の分野でいきなり起業してしまう人というのは、結局は「続ける」ことができないのです。

「飲食ビジネスは儲かるビジネスか?もはや儲からなくなってしまったビジネスか?」というようなところに成否の分岐点が有るわけではないのです。

例えば「ラーメン屋」が<自分の足下>だから開店したという人が成功し、<自分の足下>の仕事でもないのに「ラーメン屋で儲けている人が多いから」ということで開店してしまったような人が失敗しているだけのことなのです。

****************
長年、コンサルティング業界で働いてきた人がコンサルティング会社を起業するから成功するのです。

それを、「コンサルティングの仕事には昔から憧れていたから」とか、「自分に相応しい仕事だと思ったから」と、俄か勉強で資格を取り、それだけでもう専門家になったつもりでコンサルティング会社を始めた人が「続かない」だけなのです。

これも「これからはどのような分野のコンサルティングが有望か?それを他人より早く始めるにはどうするか?」というようなところに成否の分岐点が有るわけではないのです。

例えば、「就職や転職のアドバイスをする」ことが<自分の足下>だから、キャリア開発会社を起業したという人が成功し、<自分の足下>の仕事でもないのに「資格を修得したから」「何百時間も勉強したから」ということで起業してしまったような人が失敗しているだけのことなのです。

****************
いままで働いてきた業界、長年、経験を積み重ねてきた分野だからこそ、
「どこにお客がいるのか?」
「お客のニーズがどこに有るのか?」
「あのライバルの強みは何か?弱みは何か」ということが判るのです。

だから、迷わずに「始める」ことができるのです。「続ける」ことができるのです。

いままで働いてきた業界、長年、経験を積み重ねてきた分野だからこそ、
壁に突き当たった時でも、障害が生じた場合でも
「どこの?誰に?相談すればいいのか?」が判るのです。

さらには、他人からアドバイスされたことが
「採用すべき内容なのか?無視したほうがいい内容なのか?」も判断がつくのです。

だから、失敗を回避することができるのです。「続ける」ことができるのです。

いままで働いてきた業界、長年、経験を積み重ねてきた分野だからこそ、
「この業界の問題点はどこにあるのか?」
「この業界の社会的な使命は何か?」ということも考えられるのです。

だから「成長する」のです。

だから「成功する」のです。

****************
ところが、みなさんの中には
「いま働いている業界はどうも好きになれない」とか
「いままで働いてきた業界はもうウンザリで、もうこの業界からはサヨナラしたい!」
という人もいるでしょう。

そのような人にまで、私は
「どんな事情が有るにせよ、いままで働いてきた業界、長年、経験を積み重ねてきた分野で起業しなければダメだ!」とは言いません。

「嫌いな業界」「好きでもない仕事」で起業したところで成功することはないからです。

しかし、それでも、起業するビジネスを<探す方向>は、やっぱり<自分の足下>なのです。

なぜなら、<自分の足下>は一つではないからです。

人間は二本足で立っているのです。類人猿の時代は4つ足で歩き回っていたのです。

<自分の足下>は
「いままで働いてきた業界、長年、経験を積み重ねてきた分野」以外にも有るのです。

       (続く)

**************************************************************************
    ★きょうの書込に「感じることが有った」「得るものが有った」
      と思われた方はここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
          ↓
     クリックすると<独立・起業>ランキングへ飛びます。

    ★興味の有る方は<岐阜大学・起業準備講座web版>へもどうぞ!
       (当Blog管理人・小久保達が担当講師です)
**************************************************************************


スポンサーサイト

テーマ : 起業・独立への道 - ジャンル : ビジネス

タグ : 動機 探し方 人生の充実

【編集】 |  22:06 |    [自分の足下]を深く掘り続ける  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

建設不況になか、県や市などの行政は新分野への進出について講習や助成を行っています。新分野とは農業であったりリサイクル業であったりします。建設土木会社が農業へ進出するのは、同じ土をいじるのだからという安易な考えに感じられます。大金をまわしている建設業と比較しても経営に関しては正反対のように思えます。
本業がだめだから、というのでは様々な事が乗り越えられない様にも思います。
>「いままで働いてきた業界、長年、経験を積み重ねてきた分野」以外にも有るのです。
続きが楽しみです。

ビルドアーク | 2008.09.13(土) 15:13 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008.10.14(火) 17:19 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。