FC2ブログ
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.08/08(Fri)

<結婚に不可欠な条件>を考えれば、<起業に不可欠な条件>も判るはず。 

                                 カテゴリー大項目★[結婚]と対比して[起業]を考える・その1

<知識としての範囲>での起業の成功要因や失敗要因は、読書やセミナー受講、各種webサイトで得られるでしょう。

しかし、<起業の本当の成功要因>は、それらから得られたとしても、実際に起業して<成功>や
<失敗>を体験してみないと本当には納得できないものがたくさんあります。

そこで、私は、基本的な成功要因と失敗要因を<結婚との対比>で説明するようにしています。

それをまとめて書いてみようというのが、この★[結婚]と対比して[起業]を考えるというカテゴリーの大項目です。

1.どんなに強く「結婚したい!」「結婚するぞ!」と決意しても、相手がいない人は絶対に結婚できません。

  → その<結婚相手>に相当するのが、起業では<具体的なビジネスプラン>です。
この<具体的なビジネスプラン>がない限り、いつまで経っても絶対に起業できないのです。


2.「Aさんはいいなぁ」「Bさんもいいかも・・・・」「Cさんと結婚できたらなぁ・・・」という段階では、その中の誰とも結婚できません。「あなたと結婚したい!」「あなたしかいない!」と本気にならない限りその人とは結婚できないのです。

 → 起業も同じように「このビジネスしかない!」と絞り込まない限り起業することは出来ないのです。


3.しかし、「あなたと結婚したい」「あなたしかいない」と切望しても、その人から「あなたなんか嫌よ!」と言われたら結婚できません。

  → 「プランは頭の中に有る」と言う人が多いのですが、<具体的な事業計画書>や<事業内容を説明する資料>を作成できないのは、そのビジネスから「あんたにはこのビジネスは向かないよ!」と拒否されているのと同じようなものなのです。


4.結婚相手がいないどころか、恋人すらいないのに「結婚したいなぁ」と切望するのは単なる願望でしかありません。結婚式や進行旅行を夢見るのは、まだ誰でも思い描く<妄想>の段階ですが、「住宅が有れば嫁さんが来るだろう」と思って家を買ったり、「生まれてきた子供をどうやって育てようか・・・」などまで考え出すと、それは<妄想>の域を超えて、「危ない人」の域に入ってしまいます。

 → 起業も同じようなモノで、<具体的なビジネスプラン>が無い段階で、法人設立や自分で設立する会社の財務、労務、法務、福祉厚生の勉強をしよう、というのも、「悲しい代償行為」でしかないのです。

5.<結婚相手>がいない段階でも出来る結婚準備は<貯金>と<家事能力の向上>だけでしょう。

 → 起業でも<具体的なビジネスプラン>が無い段階で出来る起業準備は、<貯金>と<パソコン修得>くらいなものなのです。


とにかく、<結婚>は相手を見つけるコト、その相手の同意を取り付けることが不可欠です。

それと同じように、<起業>は、具体的なビジネスプランを考え出すことが不可欠なのです。

結婚の成否に<お互いの相性>が重要なように、
起業の成否でも、<始めようとしているビジネスとの相性>が重要なのです。



*****************************************************************************
    ★自分のミスでいままでの「応援クリック」が消えてしまいました。
      2008/08/16から再度<FC2ランキング>登録し直しました。
      ここをクリックして戴けると励みになります。→

    ★興味の有る方は<岐阜大学・起業準備講座web版>へもどうぞ!
       (当Blog管理人・小久保達が担当講師です)
*****************************************************************************

スポンサーサイト

テーマ : 起業・独立への道 - ジャンル : ビジネス

タグ : 結婚 妄想 ビジネスプラン

【編集】 |  21:02 |  ★[結婚]と対比して[起業」を考える  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08/10(Sun)

未婚者に結婚の相談をしますか?  

                                 カテゴリー大項目★[結婚]と対比して[起業]を考える・その2

<起業>を<結婚>と対比して考えてみると面白いことが判ります。

みなさんは結婚する時に、「結婚生活を上手く続けていくためのアドバイス」を未婚者に求めるでしょうか?(求めたでしょうか?)
未婚者による「結婚に関するアドバイス」をどれだけ尊重できるでしょうか?

しかし、各種の起業支援機関に所属している<コンサルタント>とか<起業相談員>と称する人たちの中には、自分では起業したことの無い人が大勢いるのです。

そのような人たちによる<起業に関する指導やアドバイス>は、「未婚者による結婚指導のようなものだ」ということが判るはずです。

あなたの<起業>にアドバイスしている人が、そのアドバイスをするに相応しい人であるか否かを見極めることは重要です。

たとえ中小企業診断士とか税理士、弁護士のような専門的な資格を持っている人であっても、その<専門性>は、あくまでも<企業診断><税務・財務><法律>の専門家であって、<起業>については未経験者であるばかりでなく、<自分は起業しようとは思っていない人たち>であることを看過してはならないのです。

男も女も、未婚者は同じ未婚者同志が集まったときに<結婚>が話題になることがよくあります。

それは極めて「楽しい話題」です。その場も高揚して盛り上がりますし、自分の<結婚への夢>も膨らんでくるものです。
だからこそ、未婚者には<結婚の話題>は楽しいのです。

しかし、そこで話されることが実際の結婚に役立つことは極めて少ないものです。

なぜなら、その場で話されることのすべてが<映画や本や友人からの請け売り>であり
<想像>や<空想>の産物でしかないからです。

実は、<起業したいという人>たちが集まって話されることも、それと同じことなのです。
<起業したい人>というのは、同じように<起業したい人>同志が会うと盛り上がります。

しかし、<まだ起業していない人>による儲け話、起業の成功要因や失敗要因のウンチクも、それは「未婚者による結婚生活を上手く続けるためのコツ」という類の話と大差ないものなのです。


*****************************************************************************
    ★自分のミスでいままでの「応援クリック」が消えてしまいました。
      2008/08/16から再度<FC2ランキング>登録し直しました。
      ここをクリックして戴けると励みになります。→

    ★興味の有る方は<岐阜大学・起業準備講座web版>へもどうぞ!
       (当Blog管理人・小久保達が担当講師です)
*****************************************************************************

テーマ : 独立・開業 - ジャンル : ビジネス

タグ : 独身者 未婚者

【編集】 |  13:23 |  ★[結婚]と対比して[起業」を考える  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08/14(Thu)

<未婚の合コン主催者>と<起業志向の交流会主催者>の共通点 

                                カテゴリー大項目★[結婚]と対比して[起業]を考える・その3
             
<合コン>が好きで、それを企画する未婚者と
社会人の<交流会>が好きで、それを企画するビジネスマンには、幾つかの<共通項>が在ります。

恋人や結婚相手を探すのが真の目的である<合コン>を企画する人は、男性でも女性でも、その人は未婚者です。

なぜ、<合コン>の開催に熱心に取り組むのか、と言えば、当たり前のことですが、
「自分自身ができるだけ多くの人との出会いを求めている」からです。

自分が誘われる<合コン>に参加するだけでは、「出会いの機会が少ない」と思っているから、自分で企画したくなるのです。

場合によっては金銭的な余録が有る場合も無いわけではありませんが、だからといって、それが目的で<合コン>を主催するわけではありません。

ビジネスチャンスや自己研鑽の機会、人脈の拡充を求めて<交流会>を企画する人は、ビジネスマンの場合、その大多数の人は「いつか起業したい!」と考えています。

業種や業態、世代、地域を越えた交流が<新しいビジネスアイデア>をもたらしてくれることを期待しているからこそ、<交流会>を企画し、インターネットなどで参加を呼びかけるのです。

さらに、指摘すれば、その中の大半の人は、「起業したい」と想いながら、自分がやりたいビジネスのプランが無い人です。

自分が起業したいビジネス分野が定まっていて、すでに具体的なビジネスプランが有る人は、
「誰でもいいから参加しませんか!」という程度の交流会なんかは企画しません。


たとえ、会社勤めの身分であっても、自分が起業する分野に関係する人だけに参加を呼びかける情報交換会意見交換会その分野の専門家を講師にしたセミナーなどを企画します。


<合コン>の主催者は、自分の相手が見つかったら、<合コン>の企画には興味が無くなり、当然のことですが、それからは主催するのを止めてしまいます。

だから、<合コン>を企画し続けている未婚者は、まだ<相手を見つけていない>ということが判ります。


ビジネスマンの<交流会>でもこれと同じことが起こります。

主催者は、自分の<起業意欲>が無くなれば、<交流会>は主催しなくなります。

もし、自分が起業する分野が明確になれば、
「会ってただ飲食しながら自己紹介や雑談放談を繰り返すだけ」の<交流会>は止めて、
「自分の次のビジネスにプラスになるだろう」と思った人だけに参加を呼びかける<勉強会>に切り替えます。

だから、自分の<起業願望>を明らかにして<誰にも参加を呼びかける交流会>を主催している人は、まだ、自分としては<具体的なビジネスプラン>が無い人だ、ということが判ります。

結婚のための手段のはずだった<合コン>も、それを主催しているうちに、主催者にとっては、いつのまにか、<合コンを開催するコト>が目的になってしまうことがあります。

その原因の一つは「いつまで経っても自分の理想とする相手に出会えない」からです。

<交流会>も、本来は手段のはずだったのに、<交流会を開催するコト>自体が目的になってしまうことがあります。

これも、その原因の一つは「いつまで経っても自分が手がけたいビジネスが定まらない」からなのです。


*****************************************************************************
    ★自分のミスでいままでの「応援クリック」が消えてしまいました。
      2008/08/16から再度<FC2ランキング>登録し直しました。
      ここをクリックして戴けると励みになります。→

    ★興味の有る方は<岐阜大学・起業準備講座web版>へもどうぞ!
       (当Blog管理人・小久保達が担当講師です)
*****************************************************************************


テーマ : 独立・開業 - ジャンル : ビジネス

タグ : 合コン 交流会 起業志向

【編集】 |  10:47 |  ★[結婚]と対比して[起業」を考える  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。